筋トレは「食事法」により理想的なカラダをつくるには本当?!【3食から6食へ!】

筋トレに励んでいる人は「食事」にも気を配っている人が実は多いのです。筋トレばかり続けていても偏った食事だと効果も表れにくいのです。

 

筋トレに励んでいる人はプロテインばかり飲んでいるイメージかと思われがちですが、筋トレ成功者は食事で筋トレ効果を確実にアップさせることを熟知しています。

 

筋トレ効果は「食事」で決まる!知って得する筋トレと食事の関係

筋肉は「タンパク質」から構成されているのはご存知でしょうか。タンパク質は家でいうと「大黒柱」なのです。そのため、タンパク質の摂取は重要な役割をもちます。

 

そして、タンパク質の摂取と筋肉を動かす「炭水化物」の摂取の2つが重要なのです。もちろん、その他の栄養バランスを考えることも大切です。筋肉をつける食事方法としては、1日3食から6分割に分けて定期的に摂取する食事方法が最大のポイントです!

 

この6食の中のバランスでは、炭水化物5割、タンパク質3割、ビタミン2割が効果的な栄養素の吸収に繋がります。

 

そして、この6食の食事の間では筋肉が喜ぶ牛ヒレ、豚ヒレ肉、魚介ではサバやサケ、マグロのような高タンパク食材を意識してとることです。1食あたり、肉、魚で100gくらいとれればいいのです。

 

筋トレで効果を望むのならば、理想は1日3500カロリー以上をとることをおすすめします。高カロリーのものだけをとっていると太ってしまうため、「高タンパク、低カロリー」が理想です。筋肉増強を実現する食事法に変えるだけで、効果的な変化が期待できます!

食事量を増やすのに効果的なのは朝食と筋トレ後30分以内!

朝起きた時と筋トレ後30分以内がカロリーを必要としているため、余計な脂肪がつきにくく、効率よく筋肉をつけることができます。筋トレお休み日は炭水化物を極力減らして前半でタンパク質を摂取することが大切です。

 

また、プロテインも積極的に飲むように心がければ、筋肉は休息中にでも発達して育っているのです!

もしも筋トレで食事の管理を気にせずにトレーニングしたら、どうなるの?!

筋肉の成長が全くできず、時間の無駄になってしまい、炭水化物やタンパク質を意識してとらなかった結果は、筋肉を分解してエネルギーとして使用されてしまい、いくら筋トレに励んでも筋肉が成長しないので、努力も水の泡になってしまいます。

 

筋トレと食事の関係は非常に重要な役割があり、バランスの良い食事は必要不可欠です!

筋トレの食事以外で大切な体の構成をつくるもの

食事は筋トレで重要な役割があるのはわかりましたが、プロテインも必要なのでしょうか。筋トレは食事だけでなかなかタンパク質と炭水化物をとるのは難しいものです。

 

そんな時は「プロテイン」補給に頼ることもおすすめします。また、摂取しにくい栄養素の時はサプリメントで栄養バランスをとるのをおすすめします。

 

筋トレの食事の管理はおごそかにしてはいけないことがよくわかりましたね。大事なことは、食事管理をしながら筋トレをやることで、理想のモテルボディがつくれます。「あきらめないことなのです!」

 

サプリメントで迷っていて、「よくわからない」と思う人は今話題の美しい筋肉づくりをサポートする話題のサプリメント「DCC ディープチェンジクレアチン」がおすすめです!

 

>>DCCディープチェンジクレアチンサプリの詳細はこちら