筋トレによる筋肉痛になった時の回復方法とは?!【回復に72時間最低必要?】

筋トレをやりすぎて筋肉になった経験はありませんか。「筋肉痛だからそのうち治る」と放置している人がほとんどでしょうか?

 

筋トレをして筋肉痛になったときはトレーニングが続けられないので、筋肉に負荷をかけることは避けたい為、その時はそっとお休みさせてあげることをおすすめします!

 

筋トレで筋肉痛になったら、筋肉にどのようにしてあげればよいのでしょうか。冷やしてあげるのでしょうか?腫れがひくようなシップ等をはるのがよいのでしょうか。

 

筋トレで筋肉痛になった場合は、「栄養素の補給」と「睡眠」がとても重要になってきます。「栄養のある食事」をすることで継続している効果の出方がその後変わります。

 

筋肉痛になったら筋肉が喜ぶ食事と筋肉痛になった時の正しい「睡眠」はいつもと違うの?!

筋トレで筋肉痛になった時は、プロテインをしっかりととることで筋肉のつき具合が異なってきます。もちろん、プロテインはしっかりと栄養のある食事をした上での摂取をおすすめしますので、筋トレで筋肉痛になった場合は、タンパク質を補いましょう。

 

睡眠は成長ホルモンの分泌を促してくれます。ホルモン分泌の一番多い夜の22時から2時に寝ることをおすすめします。この時間に睡眠をとることで、炎症を起した筋肉の回復を急がせます。

 

また、筋肉痛での筋トレは、回復途中の筋肉に負荷をかけてしまうので、痛みがひどいようでしたら、お休みをおすすめします。

筋肉の再生にはどれくらいの期間が必要なの?!

筋肉痛の痛みが和らいできたら筋トレを少しずつ再開したほうがいいですね。筋肉痛からの完全完治は72時間かかります。そのため、2日おきの筋トレでしっかりとしたボディをつくります。

 

バランスのある筋トレスケジュールをたてて、毎日筋トレする箇所を変えれば、筋トレをしても筋肉痛のところに負荷をかけずに筋トレすることができます。

 

では筋トレによる筋肉痛にならなかった場合、筋トレの効果がでていないのでしょうか。それは、違います!よく動かしている筋肉のため、筋肉を傷つけなくても炎症がおきなくなっているのです。

 

筋肉の使い方によって、筋肉痛になりやすさが異なり、筋肉痛は筋トレ効果とは関係がありません。

 

よく、最初のうちは筋肉痛がひどく感じていてもだんだんと体が慣れていくことで、筋肉痛を感じなくなるケースがありますよね。そんな時は少しずつ負荷を増やしていくのも良いかもしれません。

 

筋トレはそもそも継続することで効果がでます。筋トレにより筋肉痛の炎症が起きた場合は、「休息が必要」のサインです。そんな時はそっと筋肉をいたわってあげ、休んでいる時の栄養管理をすると良いでしょう。

 

筋トレをして筋肉痛になった場合は、神経質にならずに休息を優先しましょう。

 

休息しているときに筋肉合成促進してくれるサプリメント「DCCディープチェンジクレアチン」を摂取することをおすすめします!クレアチンを摂取しながら、賢く筋肉の成長をサプリメントで補うことで筋肉痛の時も安心して筋肉の促進を期待できます!

 

>>DCCディープチェンジクレアチンサプリの最安値はこちら