筋トレ時間はベストな時間とダメな時間があるのはどうして?!【筋肉が喜ぶ時間は夕方!】

筋トレをする時間はどの時間帯でも関係なく、食事を徹底管理していたら問題ないと思う人がほとんどだと思います。でも、筋肉にも成長する時間というのがあるのはご存知でしたか。

 

筋トレをして筋肉が喜ぶ時間帯実は「夕方」が一番効果的です!16時〜18時の夕方を指します。この筋トレの最善の時間帯には理由があるのです。

  • 理由その@激しい筋トレをしても、日中に比べて筋肉がよく動いてくれるからです。起きたばかりや寝る前だと筋肉に必要な成長ホルモンが十分に分泌されにくいからなのです。
  • 理由そのA お昼からの時間も経過しているので、消化活動も落ち着いているからです。満腹中枢もmaxではないので、落ち着いて筋トレに励めます。
  • 理由そのB交感神経が機敏に働くからです。 夕方はエネルギーを発揮させるには最適と呼べるベストな筋トレが期待できるからです。

 

ベストな時間帯が夕方といっても毎日の生活の中で仕事をしている人がほとんどだと思うので、筋トレをその時間するのは難しい人が多いですよね。その時は、筋トレをやらないほうがよいのでしょうか?

 

違います!筋トレは夕方でなくてもダメな時間をぬかしたら、夕方以外でも筋トレができます。

 

夕方が難しい人や仕事で多忙な方は21時〜22時が筋トレの時間には最適です。筋トレをする時間でだめな時間は、空腹時や満腹時や寝る直前は避けるべきです。目安は食事をしてから2時間の間をみて筋トレをするのが理想です。

朝型人間が早朝に筋トレをする場合もOK?!

筋トレの時間の理想は夕方の16時〜18時もしくは会社帰り21時〜22時でしたが、中には朝型の方もいますよね。朝時間帯に筋トレを希望する人は2つを注意しなくてはなりません。

 

1つ目は「準備運動」をしっかりやることをおすすめします!すぐに筋トレをはじめてしまうと神経も機敏ではない為、いろいろな危険な怪我も想定できます。

 

2つ目は朝の時間はまだ交感神経もはっきりしていなく、空腹なため、軽い栄養補給をした上で筋トレをすることが大事です。この2点をしっかり守れば、朝でも筋トレをすることは可能です。工夫や注意することでいつでも効果的に筋トレをすることができます。

朝から夜にかけての筋トレ時間でも共通して大切なことは?!

朝の筋トレはまだ脳内ホルモンが働いていないため、しっかりと準備をした段階ではじめるのがおすすめです。朝の筋トレはしっかりと筋トレをした後に有酸素運動を組み合わせることで代謝が一気にあがります。

 

その為、筋トレで細マッチョを理想とするボディを手にいれないならば、朝の筋トレはダイエットに効果的です!

 

昼時間帯に筋トレを希望するならば、昼食から2時間過ぎた時間がベストです。2時間経過すれば消化も落ち着き、筋トレに集中できる時間だからです。交感神経も朝よりも活性化されているので、朝よりも良い筋トレが期待できます。

 

夕方の16時から18時は1日の中で筋トレをするならば、一番良い時間帯です。平日が難しければ週末はこの時間で筋トレをすることをおすすめします。

 

交感神経が1日のうちで一番活発であり、良いパフォーマンスができます。夜の筋トレ時間は晩御飯の2時間後と就寝1時間前であれば、問題がありません。

 

筋トレの時間帯よりも、朝から夜に筋トレをすることで共通して大切なことは何かわかりますか?それは、「継続すること」です。ここれは、何よりも大事です。筋肉と向き合いながら毎日筋トレできる時間をプログラムしてスケジュールすれば筋肉はしっかりと育ちます。

 

ベストコンディションが発揮できる夕方に筋トレができない日が続いても今話題のサプリメント「DCC ディープチェンジクレアチン」はあなたの理想の筋肉の肉体改造を力強くサポートしてくれます。

 

このサプリメントを飲んで筋トレに励んでみると筋トレでの効果が期待できますよ!

 

>>DCCディープチェンジクレアチンサプリの詳細はこちら