効果的な筋トレ方法!【1週間で効果を出す秘密】

いざ筋トレを始めようと思っても、あまりに高い目標を設定しすぎると結果がついてこないと諦めがちですよね。順調に結果を出すためには1週間ごとの筋トレメニューを組んでいくことが必要です。1週間ときくと、きつい筋トレのイメージもできそうな気がしてきませんか?

 

まずは1週間!地道な筋トレを続けて、1週間後の自分の身体を想像しながら頑張ってみましょう!!

 

1週間ごとの筋トレメニューを考えるメリット

まず、メニューが決まっていないでその日の気分で行う筋トレを続けていても、計画的に筋肉をつけたり、身体を引き締めたりすることが難しく、また時間がとてもかかります!

 

今日はどこを鍛えようかな、とばらばらに行っていると、筋肉をうまく疲労させることができず、結果筋肉は大きくなっていきません。筋肉は疲労して、脳から成長ホルモンが分泌されるように指令がうまくいくことで大きく、たくましく成長していくものです。

 

たとえば適当に、月曜日に太もも、火曜日に腕、水曜日には腹筋、と1つずつばらばらに行っていくと月曜日にせっかく鍛えられた太ももが火曜、水曜と休みのままですよね。こんなことを繰り返していると、もったいない筋トレをしていることになります。

 

上級者であれば、メニューを決めなくともその日の調子に合わせたトレーニングをすることは可能ですが、たいていの方はメニューを決めて行った方がスムーズですし、効果もはやくでますよ^^

 

1週間ごとの筋トレメニューを考えることによって、まずやることが決まっているので悩む時間がなくて済みます。そして前の日と比べてトレーニングが少し軽く感じたりすると、「お!筋肉ついてきたかも!」と実感も得やすくなります。

1週間ごとの筋トレメニューの組み方

ここからは、具体的に1週間でどこを鍛えていけばよいのかを、ご紹介していきたいと思います。まず基本として、「筋肉痛があるときは違う部分を鍛える」ことを意識してください。

 

初心者の場合はここで無理して肉離れや他の症状を起こしてやめてしまうことが多いそうです。そして1日にトレーニングする箇所は多すぎず、少なすぎず、がいちいばんベストです。計画的なメニューをつくるため、1日のノルマが多すぎるとやる気がなくなります(笑)

 

そして大事なのは休み期間をつくることと、週に2・3回は同じ部位を鍛えること!休みすぎても、鍛えすぎてもいけないということです。そして同じ部位を1日に3セットは行いましょう。

 

たとえば1日にスクワットと腕立てを3セットずつ行うのと、1日にスクワットと腕立てと腹筋と背筋とふくらはぎの筋トレを1セットずつ行うのでは、前者の方が効果があるということです。

 

1セットずつだとすぐ終わるし、いろいろな部位を一気に鍛えられている気はしますが、人間の身体の構造的にインターバルとも兼ね合いを考えると、3セットは頑張った方が良いでしょう。その代わりに初心者の場合は鍛える部位を2・3つに設定すると1週間のメニューを無理せずこなすことができます^^

 

また、筋トレをする際には筋肉増強のDCCディープチェンジクレアチンサプリのようなサプリメントを一緒に飲むことをお勧めします!よりよい効果が期待できます。

 

>>DCCディープチェンジクレアチンサプリの最安値はこちら