筋トレの頻度は効果に比例するの?!

効果的な理想の筋肉を一早く手に入れるために筋トレで大事なことは「頻度」なのです。筋トレを頑張りすぎて、筋肉に炎症を起してしまうくらいの頻度でエクササイズをした結果、休みすぎてしまっても筋肉は成長しませんよね。

 

筋トレ初心者の方は特にこの「頻度」がどれくらいの感覚なのかわからないものです。筋トレした場合の頻度のポイントをわかりやすくご説明します。

 

筋トレの頻度と間隔は適正があるの?!

筋トレの頻度で週1回の場合と2回の場合、そして三回の場合は筋肉にかける負荷をかえないといけません。つまり、週1回の場合は、次の筋トレが次の週になるので、1回の筋トレのプログラム内容を強度の負荷がかかるように組み込み、筋肉へ刺激あるものにすればよいのです。

 

1回の筋トレで12セットできる体力が目安となります。ポイントは次の筋トレまで筋肉が後退しないような高密度な筋トレをすることです。もし、高密度な筋トレが組めないようであれば、週2−3の頻度にわけて筋トレすることをおすすめします!

 

次に週3の頻度で筋トレする場合は週1回との筋トレは違ってくるのでしょうか。この場合は、次の筋トレまで筋肉がしっかりと回復できるくらいのエクササイズをする必要があります。つまり、週3回の頻度の場合は、「やりすぎ」に注意が必要です。

 

週3の頻度の場合は、4セットの筋トレが理想の回数になります。

 

最後に、週2回の筋トレに頻度の場合はどうでしょうか。

 

週2回の頻度の場合は、週1回の刺激が少ない場合や、週3回の場合の強度が強すぎる問題は避けられます。このように、週2回の筋トレの頻度が初心者や筋トレをする人にはやりやすい頻度であることがわかりますね。

 

週2の頻度の場合は、6セットを目安に筋トレするのが理想の回数となります。

 

筋トレの効果は、頻度により負荷のかけ方やトレーニング方法によって筋トレの効果は実感できるものです。
それには、筋トレの負荷をかける強度を筋トレの頻度と間隔を考慮してコントロールすれば理想的な筋トレが期待できます。

一体どの筋トレの頻度と間隔が理想的なの?!

筋トレは頻度や間隔による筋トレをすれば効果的であることがわかりましたね。では、その中でも効果の違いはあるのでしょうか。

 

忙しいので週1回でも大丈夫です!週1回筋トレをする場合は、年間での筋トレは52回、週2回の場合は104回が理想です。

 

週1回よりも2回の頻度のほうが難しいことを考えずに筋肉の負荷をかけやすいという声が多くあります。週1回で効果を出せる人は特別にステロイドという薬物を使っている方は経験者が効果を感じやすい傾向になります。そのため、最も難しい頻度となります。

 

週3回の筋トレは初心者にはおすすめの頻度になります。でも、初心者の方は一生懸命になりやすい傾向にある為、オーバーワークにならないように注意が必要となります。

 

このように比較してみると、週2回が最も理想の筋トレの頻度になります。筋肉の増量の効果がわかるように得られ、毎日の筋トレやエクササイズに無理のない頻度であり、筋トレのコントロールがしやすいからです。

 

筋トレの頻度が週1回の人は筋肉増量をサポートするサプリメント、「DCCディープチェンジクレアチン」を摂取することをおすすめします!
もちろん、週2回や3回の頻度の方も92%の人がリピートしているこのサプリメントと一緒に筋トレをすれば実感力も異なり、細マッチョのボディが実現できます!

 

>>DCCディープチェンジクレアチンサプリの詳細はこちら