正しい腹筋の筋トレ法は誰でもできる?!

筋トレの腹筋は継続することは難しいですよね。でも、腹筋で割れたお腹を手にいれたいですよね。 筋トレで腹筋を頑張っているけれども、「なかなか効果が現れない!」と悩んでいる方に是非この先を読み進めてもらいたい「最短」で割れたお腹をつくる方法があります!

 

人は体質や体系によって脂肪のつき方も違います。そのため、1つの方法を皆で真似したからと、1週間で劇的な変化をもたらす人はいません。スポーツ選手や俳優のように割れたお腹を筋トレでつくることは正直なところ難しく、時間がかかってしまうのです。

 

でも、それを腹筋の筋トレで割れたお腹をつくるのには、方法が2つあります!「体脂肪を下げる」という方法です。体脂肪率は10%を目標に下げるといいです)もう1つは「筋トレによって腹筋を肥大させる」トレーニングするということです。

割れたお腹をつくる体脂肪を落とす方法とは?!

「体脂肪を落とす」方法は腹筋の筋トレがよいのでしょうか。有酸素運動がよいのでしょうか。実は、一番効果がある方法とは腹筋の筋トレでも有酸素運動でもなく「食事制限」なのです。

 

でも、この体脂肪を1kg落とすだけでも7200カロリーにしなければならなく、1日消費カロリーが2500だとするととても困難なことがわかりますね。
脂質を落とすには、カロリーと糖質を制限したダイエットが効果的です。

 

カロリーを押さえ高タンパクの炭水化物、低脂肪を目標にし、糖質ダイエットは高タンパク高脂肪、に極少量の低炭水課物を摂取します。
しかし、減量法でダイエットをしても「筋トレ」は必要不可欠です!

 

筋肉の増加をしなければ、バランスが悪く、ただの筋肉のない貧弱な体になってしまうからです。筋トレの腹筋と食事減量と同時にすることで、理想の割れたお腹に近づけます!

正しい腹筋方法であなたも割れたお腹に?!

筋トレの正しい腹筋方法はご存知ですか。何が正しいのかがわからないで筋トレする方がほとんどだと思います。それは、適切な刺激を与えることが必要なのです。間違った筋トレの腹筋を続けていても結果がでないので、正しい腹筋法をここで覚えておくことをおすすめします!

 

「筋トレ」はとにかく継続が必要です!!そして、筋肉を大きく成長させるための「速筋」と「遅筋」を中心に筋トレで鍛えていかなければ効果はあらわれません。
つまり、負荷がかからない筋トレの腹筋では全く意味がないのです。

 

8〜12回の負荷設定した腹筋の筋トレがベストです。それを3セットインターバル60秒が理想です!

 

たまに、100回筋トレの腹筋をしたからと自己満足する方がいますが、これは、非効率な筋トレになるのでやめておきましょう。

 

筋トレのタイミングは2日か3日に1回の腹筋の筋トレがベストです。腹筋の上・下・横の箇所をそれぞれ限界と感じるまで動かすことがここでは大切です。

 

腹筋の筋トレは毎日するわけではないので、そんな時は割れるお腹づくりのサポートをしてくれる今話題のサプリメント「DCCディープチェンジクレアチン」を摂取することをおすすめします!腹筋の筋トレにはかかせなく、食事減量をする上で栄養素のバランスがよいこのサプリメントで割れたお腹をいち早く手にいれましょう!

 

>>DCCディープチェンジクレアチンサプリの詳細はこちら