DCCディープチェンジクレアチンとお酒はダメ?

DCCディープチェンジクレアチンのような、筋力アップ系のサプリメントを飲む際には、お酒(アルコール)は飲んでもいいのでしょうか。また、お酒が筋トレに与える影響はどのようなものがあるのか知っておく必要がありますね。

 

筋肉を成長させてくれる男性ホルモン「テストステロン」を知っていますか?男性ホルモンの9割はテストステロンから出来ています。テストステロンは、筋肉増強効果があります。お酒を摂取することで、このテストステロンの分泌量が減少していくのです。

 

また、大量にお酒を摂取すると、「コルチゾール」の分泌量が増えていきます。コルチゾールとは、筋肉を分解する働きがあります。筋肉の成長を妨げてしまう物質なんですね。ストレスホルモンとも呼ばれているそうですよ。

 

お酒は少量であれば問題はないですが、大量に飲むことでアルコールが分解されず、血液中に残ってしまします。そうなると、神経や筋肉にも悪い影響を及ぼします。

 

ですから、DCCディープチェンジクレアチンを飲んで、せっかく筋トレをしても、効果が出にくくなってしまいます。もちろん飲み過ぎなければ、そこまで影響はないですが、できればお酒は飲まないに越したことはありませんね。

 

DCCディープチェンジクレアチンとお酒を飲んだ場合、副作用がないか心配ですよね。特に副作用はありませんが、本来のDCCディープチェンジクレアチンの効果は薄れてしまうのは確実です。

 

他にも、お酒を飲むことで内臓に負担をかけてしまいます。筋トレを行うとそれを回復させようと、実は肝臓も働くのです。ですから、お酒を飲むことでさらに肝臓にも大きな負担がかかります。

 

筋トレを行った時に、どうしてもお酒を飲むことがあれば、飲みすぎないことと、たんぱく質の食品を食べることをオススメします。たんぱく質にはアルコールの吸収を緩やかにしてくれる効果がありますよ。

 

お酒を飲む際には、おつまみなどの食事にも気をつけることが大切です。何も食べないことも胃に負担をかけてしまいますから、お豆腐や枝豆、鶏肉など低カロリーのメニューを選びましょう。

 

DCCディープチェンジクレアチンと、筋トレを継続的に行っていたのに、お酒を飲みすぎたことで、トレーニングサイクルが乱れることがあります。超回復に合わせて筋トレを行うことで、筋肉水準が上がっていくことは知っていますか?

 

「超回復」とは、筋トレ後24?48時間休息をとることで、休んでいる間に筋肉水準が、筋トレ前より上がっていくということです。超回復のペースが乱れることで、せっかく行った筋トレが元の状態に戻ってしまうのです。

 

ですから、トレーニングサイクルを守ることがとても大切になってきますね。お酒を飲みすぎて、二日酔いや体調不良にならないように気をつけましょう。

 

DCCディープチェンジクレアチンは、お酒を控えめに飲む程度なら、さほど問題はないことがわかりましたね。ですが、お酒が筋トレに及ぼす影響を考えると、飲まないほうが無難ですね。DCCディープチェンジクレアチンとともに、トレーニングに励みましょう!

 

>>DCCディープチェンジクレアチンサプリの最安値はこちら