DCC(ディープチェンジクレアチン)と筋トレメニューで変化!?

DCC(ディープチェンジクレアチン)を普段から飲んでいる人、筋トレする時は必ずDCC(ディープチェンジクレアチン)を飲むという人、筋トレメニューで筋力が変わることをご存じでしょうか?

 

DCC(ディープチェンジクレアチン)はトレーニングすることで運動エネルギーを筋肉に変えることが分かっています。しかも、筋トレメニュー次第で理想的な体を手に入れられるのです。

 

ムキムキボディになるためには?

誰でも一度はムキムキになりたいと思ったことがあるはずです。ムキムキになる基本的な方法は「筋トレ」です!そして、正しい「筋トレメニューを行う」ということなのです。

 

筋トレといえば、「腹筋と腕立て伏せだ!」と思っている人がいると思いますが、それは大間違いです。それでは、ムキムキになることは出来ません。腹筋と腕立て伏せでは負荷が軽すぎるため、ダンベルやバーベルのような器具を使ってのトレーニングを行うといいでしょう。

 

ムキムキになるためには「高負荷」と「低回数」の筋トレ方法です。おススメは「ギリギリ10回出来るほどの重さ」です。筋肉は休息も必要です。1日置きに行うことで筋力がついてきます。

男前な体になる!筋トレメニューとは?

一言で「筋トレメニューは?」といっても、どこに筋肉をつけたいかによっても、筋トレメニューは変わってきます。「腕」や「胸」など筋肉をつけたいところは人さまざまです。ムキムキにしたい場所によって筋トレメニュー方法は違うのでそれぞれみていきましょう。

腕をムキムキにする方法

腕は複数の筋肉で出来ています。その中で一番大きい筋肉が「上腕三頭筋」です。この一番大きな筋肉をしっかり鍛えると太くて力強い腕になるのです。上腕三頭筋を鍛える基本的な筋トレメニューは「腕立て伏せ」です。が、負荷を加えるなら「ダンベル」を使います。

 

「ダンベルフレンチプレス」や「トライセップスキックバック」などを筋トレメニューに加えると、より効果的です。ゆっくりと正しいフォームで行うと効率的に鍛えられます。

胸をムキムキにする方法

厚い胸板を作るには「大胸筋」に筋肉をつけます。大胸筋を鍛える筋トレメニューは「腕立て伏せ」と「ベンチプレス」です。腕立て伏せに慣れてきたら、ベンチプレスに挑戦していきましょう。

 

ベンチプレスは大胸筋以外にも、「腹筋」「三角筋」「上腕三頭筋」も鍛えられる優れものです。ベンチプレスは自分の体力に合わせて重さを調節できますので、負荷の調整も出来きます。

 

以上のように、ただ筋トレをすればいいというわけではありません。正しい筋トレメニューを行うことで、ムキムキボディを手に入れられるのです。

理想的なボディを持っている人はコレを飲んでいる?!!

プロからも選ばれるDCC(ディープチェンジクレアチン)は普段から運動している人への筋力UPを応援しています。日本人の体質を考え日本人に最も効果が出るように開発された、ボディチェンジサプリメントです。

 

ぜひ、あなたもDCC(ディープチェンジクレアチン)と正しい筋トレメニューで肉体改造してみませんか?

 

>>DCCディープチェンジクレアチンサプリの公式サイトはこちら