MENU

DCC(ディープチェンジクレアチン)での被害とは?

DCC(ディープチェンジクレアチン)の口コミを調べてみると、「DCC(ディープチェンジクレアチン)を飲んで効果があった」などうれしい口コミもありますが、「DCC(ディープチェンジクレアチン)で被害にあいました」など、中にはマイナス評価をしている人の口コミも目立ちました。

 

はたしてそれは本当に真実なのか。実際に被害にあったとすれば、大変なことです。今回はそんなDCC(ディープチェンジクレアチン)の購入にあたってトラブル・被害にあった人の真相に迫ります!

 

実際に起こった被害

DCC(ディープチェンジクレアチン)の口コミを見てみると気になる口コミがありました。ちょっとそれを紹介いたします。

  • 途中解約すると高額払わされた。
  • 返金制度があるのに返金が出来ない。
  • 1週間もたたずにお腹を下した。
  • キャンセルが出来ない。
  • 商品を返品したのに拒否された。
  • 気分が悪くなった。

口コミにはサプリメントに多くみられる「副作用」のこと。「購入時」または「購入後」の対応によるものでした。

 

本当に体調が悪くなることがあるの?

DCC(ディープチェンジクレアチン)は実は食品です。ですから、健康被害は基本的に起きません。ですが、食品アレルギーを持っている人はどうでしょう?DCC(ディープチェンジクレアチン)はたくさんの食物から配合されています。

 

もし、それを知らず知らずの内に食物アレルギーを持っている人が飲んでいたとしたら・・・。「食べ物を食べてアレルギーが出る!」という人はDCC(ディープチェンジクレアチン)の成分をしっかり分かった上で飲むことをおススメします。

「食物アレルギーはないのにお腹を下した」という方

DCC(ディープチェンジクレアチン)は、ほとんど通常の食生活で摂取できます。医薬品のように体に大きな変化を起こすことは本来ないのです。

 

しかし、「過剰摂取した場合」や「乳糖不耐症の場合」などは腹痛や下痢を引き起こす可能性があります。ほとんどの成分は影響のないものが多いのですが、ビタミンCや亜鉛などの一部の成分では過剰摂取による下痢の症状がでることが報告されています。

 

乳糖不耐症は、牛乳や乳製品などに含まれる乳糖を分解できず下痢になる症状のことです。 普段牛乳をあまりとらない人は7〜9割がこの症状になりやすいのです。 錠剤を精製する際の「つなぎ」や味を整える目的で配合されています。

 

個人差はありますが、少量でも反応してしまう人は下痢の症状になってしまうことがあります。

キャンセルできないのはなぜなの?

DCC(ディープチェンジクレアチン)はみなさんに無理なく飲んでいただきたいために、お得な特典があります。

  • 30日分が実質無料!
  • ¥11200円もお得!
  • 2回目以降も送料無料!
  • ほぼワンコインでタップリ1か月分!
  • 初回限定で90日間限定返金保障付き!

以上のようにとってもお得に購入できるのです。しかしこれには、条件があるようです。「ディープボディチェンジコース購入者様限定」になることと「4回以上の利用を約束頂く」ことでお得な特典が受けられるようです。

 

途中解約の際は「ご解約時の注文確定個数が定価購入に変更になり差額を請求させていただきます」との記載もありました。

 

90日限定返金保証の条件としても、返金を希望する際は、購入した時の納品書や飲み方の説明文、パッケージ等全てを保管しておく必要があります。必要なものが欠品していると返金してもらえない可能性がありますので、間違えても捨てないようにしてください。

 

返金ルールを知ろう!

口コミの多くの「被害」の真相は、返金のルールを知らずに「被害にあった」というものでした。これらの「被害」は返金規則が分かっていたら防げていたのです。
解約の時と返品の時は説明書をよく読んでくださいね。

 

被害の真相が分かったので安心して購入できますね。さあ、みなさんもお得な特典付きでDCC(ディープチェンジクレアチン)をお申込みください。

 

>>DCCディープチェンジクレアチンサプリの公式サイトはこちら