クレアチンと運動に強く関係するメカニズムとは?【運動効果の真実】

若い時と比べ、筋トレをしてもなかなか筋肉が付かず悩んでいる人や少し運動しただけで疲れを感じやすくなった人などいませんか?私もそう感じてきた一人ですがなぜそんな状態になるのでしょうか?それはクレアチンという成分に関係しています。

 

クレアチンは年齢とともに筋肉量や筋力、運動する力などが低下し影響を及ぼすのです。このように、クレアチンと運動はとても密接な関係があります。今回はクレアチンと運動に強く関係するメカニズムについて紹介していきます。

 

クレアチンって何?知っておきたいクレアチンと運動のメカニズムとは?

クレアチンとはアミノ酸の一種で主に腎臓や肝臓で合成されています。大部分は筋肉内にクレアチンリン酸として存在しており、筋肉を動かすときは当然エネルギーが必要となります。筋肉は収縮と伸展の動作により筋力を出力し靭帯や腱を通じて骨格を動かしている仕組みになっています。

 

これが基本的な体を動かすときのメカニズムになっているのですが、最初の筋細胞のエネルギーとなるのがブドウ糖から酸生されたアデノシン三リン酸と呼ばれる成分です。細胞を活動させたときにリン酸をひとつずつ離しながらエネルギーを得ています。

 

クレアチンはこのアデノシン三リン酸にリン酸を供給するために存在しています。このアデノシン三リン酸は細胞内に大量に保持することが出来ないため激しい運動を行った場合はすぐに不足してしまいます。

 

体内で産生できる量には限界があり、1日に必要な量の半分程度しか作ることができません。不足した分は食品から摂るしかありませんが、それを毎日の生活の中で取り入れるのには、無理がありますよね。そこで、サプリメントの登場です!

 

不足したクレアチンをサプリメントで補給し運動エネルギーの向上を促進してくれます。そうすることで、クレアチンリン酸が体内に保持し続けられて、アデノシン三リン酸を再び合成できるのです。

 

クレアチンによってもたらされる効果

エネルギーを高めてくれる効果

クレアチンはただ摂取するだけでは効果はありません。運動を行うことにより、その力を発揮できるのです。クレアチンを発揮する運動時などにエネルギーを使うことにより持久力や筋力を高める効果があります。

 

また、短時間に質の良い運動をすることによって、より運動効果を高める効果があることが分かっています。運動する際に重要なのは筋細胞をきちんと破壊する終盤です。きちんと筋肉を追い込むことのできるため、これは見逃せない働きですよね。

筋肉を修復する効果

クレアチンを摂取することによって筋肉の回復を促したり、筋肉の損傷も最小限になるなど回復力にもとても効果的なことが近年の研究で分かっています。また、運動の休息日にもクレアチンを摂ることで筋肉痛の回復も期待できます。このように筋肉を修復し回復を早める効果があるのです。

 

コレが筋力最強サプリ!

DCCディープチェンジクレアチンは筋肉の発達には欠かせない3つの成分で配合されています。「クレアチン」はもちろんのこと、筋肉作りには重要な「BCAA」、近年話題になっている「HMB」のトリプル配合なのです。

 

運動時には必須な「クレアチン」を主に配合されて効率よく筋肉をつけてくれます。是非、この効果をあなたのカラダで実感してください。

 

>>DCCディープチェンジクレアチンサプリの詳細はこちら