クレアチンの副作用は?どんな症状?【副作用の実態!】

理想的な体になるために筋肉を体につけたい人はサプリメントによって、クレアチンを補充し筋力アップに努めていることでしょう。しかし、クレアチンを摂ることによって体に副作用を起こしてしまうのではと不安な人や副作用が怖くてクレアチンを飲むことが出来ない人はいませんか?

 

どうしてクレアチンを飲むと副作用が起こると広がってしまったのでしょうか。今回はそんなクレアチンの副作用の実態について調べました。

 

副作用は本当にあるの?

クレアチンとは引き締まった体つくりには欠かせない成分ですよね。クレアチンを規則的に摂れば最も的確に効果が表れるサプリメントの1つですが、今現在でも、副作用や安全性に問題があるという誤った情報が流れているのです。

腎臓や肝臓に悪いという説

クレアチンサプリメントでは研究が重ねて行われており、腎臓や肝臓に副作用を与えているという結論には至っていません。クレアチンを摂取後、代謝されることで出来る老廃物を体外に排出するためには、腎臓のろ過機能を使い、ろ過をし尿と一緒に体外に排出されます。

 

もしかすると、このことでクレアチンを飲むと腎臓に悪いと言われるのかもしれません。しかし、化学的な根拠はないのです。

胃痛・腹痛を引き起こす説

確かに人によっては少々の副作用が現れ痛みを感じている人もいるかもしれませんが、クレアチンは安全に使うことが出来ると証明されています。痛みが出る確率はとてもわずかで全体の5%〜7%です。

 

もし、胃痛や腹痛が起こったのであれば、クレアチン自体ではなく飲み方に問題があったのかもしれません。原因としては、一度にたくさんの量を摂取したか、空腹時に大量に摂取した場合です。どんなに体にいいものでも過剰摂取は良くありませんからね。

尿量が増える説

大量のクレアチンを飲んだ場合、尿量が増えることがあります。それは、クレアチンが分解された後に出来る老廃物(クレア二チン)の濃度が増大し、尿と一緒に排出されるため、一時的に尿が増えることがあるのです。

筋肉がつる説

体内のマグネシウムが不足した場合に筋肉がつる傾向にあります。クレアチンは筋肉パワーを高めるために、筋肉細胞内のカルシウムイオンを高める効果があります。ですので、体内にマグネシウムが不足したときに筋肉がつる場合があるのです。クレアチンを摂取するときにはいつも以上に水分を摂るように心がけて下さい。

 

正しい飲み方を知ろう!

一度にたくさんクレアチンを摂るなどの過剰摂取によるための副作用が多いようですね。クレアチンを飲むときは1日に決められた量をきちんと守って、摂取することが大切です。

 

運動時やトレーニング時に足りないクレアチンを適確に補充することは、基本的に問題ないので、みなさん安心して筋肉アップのためのクレアチンを摂取してください。

おススメのクレアチンサプリ

DCCディープチェンジクレアチンならあなたの望むボディを手に入れられます!クレアチンの他、BCAAやHMBなど筋肉アップに必要な鉄板成分で筋肉増強をサポートしてくれます。是非、お試し下さい。

 

>>DCCディープチェンジクレアチンサプリの最安値はこちら