クレアチンとクレアチニンの違いって?【よく分かる!】

筋肉アップや筋肥大には欠かせない「クレアチン」。今、まさにトレーニングをされてクレアチンを摂取している人もいるかと思いますが、「クレアチン」と「クレアチニン」の違いって知っていますか?名前がよく似ているので、同じ成分と勘違いをされている人もいるのではないでしょうか?

 

実は「クレアチン」と「クレアチニン」は全く違う成分なのです。サプリメントの広告でもよく見かける「クレアチン」ですが、「クレアチニン」は知らない人も多いのではないでしょうか?今回は「クレアチン」と「クレアチニン」の違いを詳しく説明していきます。

 

クレアチニンって何?

クレアチニンとは人間の体から出る「老廃物」の事です。老廃物と知って驚いた人もたくさんいると思いますが、みなさんが運動やトレーニングをした時の筋肉運動のエネルギーとして代謝されるクレアチンが分解され生まれる物質なのです。

 

老廃物となった「クレアチニン」は腎臓のろ過機能によってろ過されます。ろ過された後、クレアチニンは尿と一緒に体外へ排出されるのです。

 

クレアチンって何?

クレアチンとは肝臓や腎臓、脾臓で作られるアミノ酸の一種のことで、アルギニン、グリシン、メチオニンからなる成分です。クレアチンは筋肉を動かす時に必要な成分であり、ほとんどの成分は体内の骨格筋内に存在し、絶えずエネルギーを作り出しています。

 

クレアチンとクレアチニンの違いは?

どうでしょうか?クレアチンとクレアチニンとの違い、分かりましたでしょうか?クレアチンはアミノ酸の一種で筋肉を動かすためのエネルギーを作り出す成分のことで、クレアチニンはそのクレアチンから代謝された老廃物ということでした。

 

今、注目されている「クレアチン」が老廃物になるってビックリですよね。「クレアチン」と「クレアチニン」、よく似ている名前でも働き方は全く違いますね。

 

ここが要注意!!! クレアチニンの落とし穴

通常は腎臓の働きによりほとんどは再吸収されず体外へ排出されるのですが、腎機能に障害がある場合、ろ過しきれない状態になります。そうなると血液中に老廃物が再吸収されてしまい腎臓から排出が出来なくなるのです。

腎機能が悪くなるとこんな影響に・・・

1.老廃物がたまる
2.電解質のイオンバランスが崩れる
3.血圧が上がる
4.貧血になる
5.骨がもろくなる

老廃物(クレアチニン)をきちんと排出することが大事なのです。

体の中からキレイを!

マッスルサプリメントは体に負担がかかるもの、筋肉アップのためにはサプリメントは欠かせない必須アイテムです。「クレアチン」と「クレアチニン」の違いは分かったけど、理想的な体を目指すなら、サプリメントを摂取して少々の体の負担は仕方がない・・・本当にそうでしょうか?

 

目標を持って日々トレーニングを行っていても体を壊しては美しい体を保つことは出来ませんよね。「DCCディープチェンジクレアチン」なら体の中からキレイに保ち、筋肉アップもサポートしてくれます。是非、体の中からキレイに!理想的な体を手に入れたい人のためにおススメしています。

 

>>DCCディープチェンジクレアチンサプリの詳細はこちら